スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多分、今まで出一番長い一日

2007.09.17 *Mon
笑顔IC(寛斎タケル絵師様)

 F1ベルギーGPを見ながら書いてマス。
 今日は長い一日だったよ~。誕生日が長いって、嬉しいねっ♪
 motoGPが始まるまでに書き終わるかなぁ……!(嬉しい悲鳴)

(PL:以下、脳内妄想全開です、ご注意を)
 朝は、いつもより早く目が覚めた。新しい一年は快晴で始まったみたい。ちょっとだけ夏に逆戻りしたような天気で、お気に入りの服に着替えてアパートを出たのは日課の散歩のため。記念日の朝をゆっくり味わいたくて……自転車もバイクも使わないで、今日は徒歩を選んだ。
 変わらない風景が新鮮に感じられるのは、ボクの心が新しく生まれ変わったばかりだからかな。
 のんびりと散歩をして戻ったらアパートの郵便受けに小さな包みが二つ入ってた。包装は見るからにプレゼント用で、どきどきしながら添えられたメッセージカードを開いたら……片方はリョウからのプレゼントで、もう片方は紅葉からのプレゼントだった!うわぁ、ありがとっ!!

 不意打ちのプレゼントにほくほくしながら遅めの朝食を取ってると、カエラちゃんの軽快な声がメールの着信を告げた。手に取ると、紫唖からバースデーのGTお誘いメールだった。朝一からいちご貴族って、健康的だよね!!……かなぁ、と自分で打ちかけた返信メールに疑問を呈しつつ、でもお誘いが嬉しくて二つ返事で同行を承諾☆
 割れた窓ガラスから陽光が差して夜とは違う顔を見せるいちご貴族。昼間なら怖くないし、発奮して一通りのゴーストを退治し……たところでからのお誘いメールが来たから、お礼を言って紫唖とはお別れ。次はアミーゴ横須賀だっ♪
 大漁のゴーストを退治して、それでも色濃く残るゴーストの気配に後ろ髪を引かれながらアミーゴ横須賀を後にしたら……
「あ、だから携帯つながんなかったんスね」
 イグニッションしたばかりの鶴吉にばったり。銀誓学園生徒の週末はGTしかないのかなあ、不健康だなー…なんて思ってないからね!!そんな胸中を知らない鶴吉は、去年より少し沈んだ声で、それでも気軽に声をかけてくれた。
「一緒にどっすか?」
「いいの?」
 ゴーストの気配が気になってたのは事実。澪も行ってこいと目で頷いてくれて、今度は鶴吉とアミーゴアタック☆
 ちょっと気楽に足を踏み入れたら……倒したはずのゴーストが、これでもかとばかりに、復活してた。
「何で!?今倒したばっかりなのに!」
 ぷちパニックに陥り叫びながら光の槍を放ったボクを冷静な鶴吉の声が宥め、
「だからこそ学園にゴーストタウン認定されて、誰かが常にアタックしてるんじゃないすか?」
「あ~……なるほど、そっか」
 取り戻した冷静さでまだ残っていた認識の甘さを反省することを後回しにして、次から次へと湧き出すゴーストたちを退治──する鶴吉を背後から支援する。だって、役立たずで!!
 それでも流石にボスを退治する頃には息が上がってて。そんなボクを休ませるためか、鶴吉は亀っちからの伝言をくれた。

 異様に密度の濃い午前中と思いきや、時計はまだ11時を少し回ったところで。亀っちと会うためにバイト先のマックに押しかけるのはも少し後にしようかな~……と思ってたら、から呼び出しメール。場所は例のマック。うっわ、ナーイスタイミングッ☆
「あ、エルちゃん!こっちこっち!」
「ごめんね、待ったっ!?」
 遅れなかったはずなんだけど、先に来て窓際を陣取った闇がぶんぶん手を振ってくれた♪注文ついでに『明日プールで会おうね☆』って亀っちへの伝言をお願いして、席に向かう。
「お疲れだね」
「うん、ちょっとGT三連戦でさ」
「なるほど。じゃあ、そんなお疲れエルちゃんに疲れを癒してもらわないとねっ」
 そういって立ち上がった闇はボクの背後に回りこんで、ちょっと大人びたチョーカーをつけてくれた。
「……うわ、ありがとっ」
 何人目だろう、お祝いの言葉にGTデートにプレゼント。嬉しい反面、申し訳なさがむくむくと鎌首をもたげてきて。今日一日で──って言ってもまだ半分残ってるんだけど、自分がいままでいかに他人に関わらず過ごしてきたのか、思い知らされちゃった……もっと、友達大事にしないと駄目だよね…。
「えへへ、闇、大好きっ☆」
 抱きゅっと張り付いて、照れた闇をしっかりと焼き付けて。ふっと目を開けると、ガラスの向こうから歩いてくる男の姿。
「よっ、エル。ここにいるって聞いてな」
「なになに、GT?」
「残念ながらこの後デートでな。っと、本題はこっちだぜ。誕生日おめでとさん♪前にもらったお返しな☆」
 そう言って紅貴がくれたのはブランド名の入った紙袋。その中には……うわぁぁ!?
「ちょ、これって……!」
「おう♪」
「ば、ばばば……着ないよ、こんなっ!!」
 うわぁぁん!きっちり仕返しされたぁぁぁ!!紅貴と残される闇のことを考える余裕も、半端な伝言が産むバイト仲間の亀っちへの勘違いを考える余裕も失い、脱兎のごとく逃げ出して、走って走って走って──
「おっと」
「ご、ごめんっ!」
 思いっきり体当たりをかました相手は蓮耶だった。うう……顔、赤くなかったかな? そのまま謝って立ち去ろうとしたら、呼び止められた。
「確か今日だったよな?」
「え、覚えててくれたの!?」
「当然!といいたいところだけど、昨日思い出した」
 苦笑しながら無造作にポケットから取り出された包みは少しシワがよっていて、気の置けない付き合いをしてるんだなぁってちょっと嬉しかったり☆
 遊びに行こうって誘う口が開く前に、またカエラちゃんの曲がメールの着信を知らせ軽快に響いた。画面に踊るのは鈴音の文字。アザレア国際交流センターへのお誘いメールだった。
 蓮耶にもう一度礼を言って手を振り、鈴音の待つアザレア国際交流センターへ足を運ぶ。
 久しぶりの国交Cはすごく大きく広く感じた。やっぱりここは来るたびに初心に返る場所みたいで、緩んでいた気分もずいぶん──当社比200%くらい引き締まったかもっ☆
「そういえば、明後日からきまつてすと…つおいのかなぁ。木賊センパイはべんきょしてます~?」
 鈴音が、多分故意に漏らした笑顔の一言でどん底に叩き落されたのはその直後。誕生日にブルーにするなんて、鈴音、恐ろしい子っ!!(白目(古
 っていうか、この可愛い鈴音がボクと同じかそれ以上に壊滅的な料理を作るって知ったら、どれだけの人が驚くかな~。すごいギャップだと思うんだ、鈴音の場合っ★
 お祝いのお礼を言って、手を振ってわかれたけど……下がったテンションで1人っきりのアパートに帰るのも嫌で、当然テストの勉強もしたくなくって、ちょっと悩んだけどヨンロクに足を向けた。一人で、倒れるまで戦ってみようかな、って。だって、テスト勉強よりマシ……!!
 でもそうは問屋がおろさなかったみたい。
 えっへっへ~、駅でばったり琥先輩に遭遇しちゃった♪それだけで上がるボクのテンションもかなりお手軽っ☆
 携帯壊しちゃったらしい先輩、家にいなかったからかな、駅で待っててくれたみたい。うわぁ……先輩らしいっていうか、なんていうか♪でも嬉しいんだからボクもなんだかなぁ~v
 何かしきりに照れてる先輩が可愛くて、思わずその太い腕に抱きついてたら、聞き覚えのある声が構内に響いた。
「あっ、センパイたち発見ー!」
「ああ、輝くんに砌!やーほー!」
 琥先輩と同じオレンジに染めた髪が輝くん。対照的に落ち着いてるのが巫女仲間の。二人とも、琥先輩の仲良しさん。
「ねーねー、GT行こーよっ」
「こら、デートの邪魔しちゃ悪ぃだろ」
 二人の瞳からはイタズラ心が見え隠れ。ごめん先輩、二人の気持ちは良く解る……!
「デー……!?ミギ、おま──」
「ええ、デートのお誘いじゃなかったの?」
 しゅんとしたボクに慌てる先輩がまた可愛くて!
「違っ、あ、いや、違わな……」
 豪胆な先輩の慌てふためきっぷりにくすっと笑って、「でも、実は今会ったところっ。ボクはOKだよん☆」と軽く返事をしちゃった。この後行ったのは、アミーゴと津ヶ森小g……こんなとこに行くなんて、輝くんはボクのことを玩具と認識してるに違いないんだ……えう……ご、ゴースト抜きでピアノが鳴るんだよあそこわ……っ!!(涙目
 ああ、散々足引っ張ったんだろうなぁ……ボク……(ほろ
 でも、二人もお祝いしてくれたよ。っていうか、ボクのことを気にかけてくれるのが何よりのプレゼントだよ、ありがとっ。二人とも大好きー!!(抱きゅ
 GTを出たらとっぷりと日も暮れちゃって、そのまま手を振ってわかれたよ。ボクはアパートまで先輩に送ってもらったんだけど……帰り道のことは内緒っ。えへへ♪
 見えてきたアパートに足を鈍らせながら近付くと、いつから待っててくれたのかな、2階にあるボクの部屋の前には洋紀の姿。
「じゃ、ここで」
 アパートの手前で足を止め、おやすみなさいと先輩の背に手を振るボク。その隣には、いつの間にか降りてきたのか、洋紀がいた。
「誕生日なんだし、泊まってくれば良かったのに」
「え、ええええー!?」
「ち、ちょっと!ご近所迷惑よ、エル!」
 思わず叫んだボクの口を慌てて塞ぎ──間近で目が合って、互いに噴出した。
「それはないか、(エルと)琥吉先輩だしね」
「うん、先輩だもんね」
 伏せられた言葉に気付くこともなく一頻り笑い声を響かせると、部屋の鍵をあけた。
「あ、ホスト先輩から預かったわよ、これ。随分大きなプレゼントよね」
 やけに大きな荷物を包むのはピンクの薔薇。横浜西口のT島屋…っぽい。星司のプレゼントってよくわかんないなー。
「ありがとっ。あ、折角来てくれたんだし…お茶するくらい時間ある?」
「もちろん。明日のプールの相談もしたいしね」
 招いた洋紀と他愛もない話をしながら、17回目の誕生日の夜は、丸いお月様を背負って賑やかに更けていった。

 新しい一年も、出会いと幸せに満ちたものになりますように──


********************

 あはは、案の定motoポルトガルGTも終わったし!
 茂木ツインリンクなんだね、来週のmotoGT…!再来週はF1日本GPだし!……どうしよう、19日新宿にロッシとストーナー来るんだよ……うわあ、うわあ!行きたい!!テスト休んじゃ駄目かな……!!(うずうず

 ……と、背後の混じった叫びはおいといて。

 GT同行とプレゼントは全員名前出させてもらったんだけど、他にも結社やお手紙、メッセで祝ってくれた人も……!
 たくさんのGTお誘い、プレゼント、メッセージ、本当にどうもありがとうございましたー!!


(以下背後)
 当初シークレットで、しかも一番活動範囲が狭いと思ってたエルちぃがこんなに祝ってもらえるとは思いもせず……!!
 本当に、周囲のPCさんにもPLさんにも恵まれてます…ありがとうございますっ。
 友人に恵まれる名前なのかしら、エルって。
 背後がヘタレなのでエルからのお礼メールはちまちまとしか送れていない失礼な状況ですが、感謝の気持ちだけ先にお届け、ということで長文を書いてみました。一人称はやっぱり苦手です……むぅ。でも今抱えてる仕事が終わるくらいの文章量で、はふ、すっかり自己満足です(*´д`*)

 最後になってしまいましたが、勝手に名前を使ってしまった各PLさまにお礼と謝罪を。
 ご不快でしたら遠慮なくご連絡下さい。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © LUNISOLAR All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。