スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.14 *Sun
黄昏IC(寛斎タケル絵師様)

ちくん。
「今までの自分の経験を全て────なのか?」
胸に突き立つ、ひとつの言葉。
──引退。
ボクは決して、冗談で口にしてたわけじゃないけど。
今までの経験と、友好関係と、全てと。
彼の発したその言葉に、軽く口にしていた単語の重さを思い出した。
──隼人がいなくなるかもしれないと
ボクだって、泣いたこともあったのに。
──千慧ちーを引きとめたくて
途方に暮れた夜もあったのに。
そんなことも忘れて──
それでも、いつしかソレは軽くなっていたのだと思い知る。
──ボクは後継者を決めているけれど
小さな傷みと思い出した重さを伴って、
それ以上の苦悩を巻き起こして。
棘は、今もボクの胸に突き立ってる──。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © LUNISOLAR All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。