スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の足音

2009.03.19 *Thu
拗ねIC(兎月絵師)
悶々としてるボクです。
…ごめん、ひとりで悶々としてるから伏せとく。あとで下げるかも…。

 
 不穏な卒業旅行から唐突に決まった戦争。
 今までの戦争には、極めて個人的ながら明確な参戦理由が……目的が、あった。
 一人にしたくない人がいたり、土蜘蛛様たちを止めたかったり、鎌倉を守りたかったり。

 でも今回は……それがない。
 ダンテは、少なくとも自分の命を危険に晒すような戦い方をする人じゃないってきちんと解ったから、そういう意味では安心して一人にできちゃうし……あ、もちろん、他の女の子に目移りされる心配はあるけれどね。

 もちろん、ボクがどんなにバカでも能力者の端くれだもの、世界結界ガ破壊されることがどれだけ大変なことなのかは解る。だから、ボクの力が微力なりに役に立つなら……という気持ちは確かにあるの。
 …なんだけれども、大儀だけを胸に…自分としてはこんなにも半端な気持ちで参戦して。そんな状態で皆の邪魔にならないと、果たして言えるのか。

 そうして、友人たちが続々と今回の戦争に参加するためのポジションを決めていく中…ボクはまだ、当日の身の振り方すら考えられていない。
 もちろん、能力者の端くれとして参加はするつもり。世界結界を壊させるわけにはいかないから。
 …でもボクは小物過ぎて、そんな大局的な視点だとどうしても他人事に見えちゃって…もっと身近な、自分だけの目的というか、目標と理由を探しちゃってるところ…。

 ……そんなことを考えてしまう辺り、事態の深刻さが解っていないと怒られそうだけれどね。

 それでなくても…人狼戦線には複雑な思いを抱かざるを得ないわけで…。
 …生きて戻ってきてくれるといいなぁ、皆………あの人も。

 いや、ボクも行くんだから他人事みたいに言っちゃダメだよね。

 でも。


 ──カラッポノ ボクニ ナニガ デキルノカ


 こんなことを考えるのは、きっと欧州人狼戦線の…あの戦いの続きだから、かもしれない。
 …揺られた、電車。

 あんな想いは、もう。


 ──ボクハ カナシクナルホド カラッポ デ
 ──ムナシクナルホド ムリョク ナノダカラ
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

No title
「自由の為に戦わない人間が自分の安全を求めるなら、それは自分よりも優れた人間の尽力によってでしか得られない」


大層な目的が無ければ、戦ってはいけないのか?
……一言だけ、シビアに言わせてもらおう。聞きたくなければ、耳をふさいでくれ。
10




5




「誰でも参戦すれば――少なくとも、味方の弾除けにはなる」
2009/03/30(月) 23:41:22 | URL | ジョフロア #- [Edit
Re: No title
ジョフってば難しく話すのが好きだよね(笑)

違うの。逆逆。分不相応な大層な目的しかないから微妙だったんだよー(苦笑)
身の丈にあった、等身大の目的が見つからなくてねー。きちんと組織立って戦闘するジョフやシュネルの子たちにはどうでもいいくらいの瑣末事なのかもしれないけど。ちょっと真面目に悩んでたんだもん。

でも、弾除け……っていうのかな。うん。
タッグの話をもらって、行くことにしたの。へっぽこだけど、盾にでもなれればって。えへへ。
結局色ボケでごめんね、そういうお年頃ってことでひとつ(*ノノ)
2009/04/09(木) 16:38:10 | URL | エル #- [Edit
>結局色ボケでごめんね、そういうお年頃ってことでひとつ(*ノノ)

…実は当方も、彼女と出会ったのは戦争がきっかけだったので、
あまり大きいことは言えん。というより戦時にしか会わなかったから、な。フッ…。
2009/04/10(金) 03:12:20 | URL | GdMvM #- [Edit
ジョフの惚気…!!(きゅん
サーチャー繋がりだったんだっけ。
確か、優斗にそんな話を聞いた気がする。

戦時にしか会えなかったっていうのも、寂しいというか…
…でも運命を感じる出会い方だよねー。羨ましい(*ノノ)
2009/04/10(金) 12:43:30 | URL | エル #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © LUNISOLAR All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。