スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽★南十字病院…

2008.11.15 *Sat
 星司、蓮耶、優斗、アリーセ(の背後さまがた)と遊園地(富士急)行ってきたよ☆
 生憎の雨で、メインの絶叫系が動いていないとかいう個人的に最悪な状態でのスタート……だって、屋内系って、怖いのばっかり!お化け屋敷4つもあるんだからぁぁぁぁっ!!
 ちなみに観覧車もだめだったりする。雨の遊園地、まさに鬼門……

 っていうか、集合時間に起きて現地集合とか、到着する頃に起きて現地集合とか、弛みすぎてるよ!?

 …そして一番最初からリアルGTに……ちょ、なんで!?
 リアルGT、戦慄迷宮……数年前の名前は戦慄の閉鎖病棟。南十字病院だよ!!院長先生が血まみれドクターなんだから!!!
 か弱いボクの必死の訴えを超楽しそうにスルーしくさりやがった三人に拉致られたんだよ……!!!

 列に並んでた間は比較的元気だったんだけどね?

 以下、戦慄迷宮のボクの悲劇体験記。南十字病院と思って見守ると良い……!!
 あ、クリスマス期間バージョンで行く予定のある人は読まない方がいいかも。

 それと……とても…長いです……(がく)


 クリスマスバージョンの戦慄迷宮。
 入り口には白いクリスマスツリー……返り血に染まってるのは可笑しいと思うの!!!
 ……入り口のこの血糊ですでにダウナー。
 ……踏んだ人の足跡がつかないのが不思議なくらいリアルだったんだってば!!


 ……待合室で説明を聞く間にも更にテンションダウン。
 ……してるのを笑われる。仕方ないじゃん、これから700mも歩くのに元気なんかでないよ!!!


 次に診察室?であらすじを聞いたんだけど……これは聞かない。ってゆーか、ビデオ見ない。ホラー映像がフラッシュバックする映像なんて見てやらないんだから!!!
 …ごめん、嘘。見たくなかったのも事実だけど、左右の扉とか天井の切れ込みとか、どこから何が出てくるか警戒しまくっててみてなかっただけ……だって急に出てきたら怖いんだもん!!!一番端の席とか座っちゃったからもう、もう!!!
 結果的に杞憂に終わって、ほっと一息。レントゲンを取るべく順路に流され───背後からの悲鳴に飛び上がる。
エ「な、なな何!?」
星「あ、何か女の子が出たみたいだぞ」
 良かった、すぐ廊下に押し出されて良かった!!既にはぐれかけてるとか秘密だけど!

 レントゲン撮影されて、たった一本のペンライトを頼りに進み出す皆、入り口に引き返したいボク。この時点で既に遅れ始めているのは仕方ないと思うの……。楽しげに進む皆、リタイア口を見かけて扉を開くボク。まぶしいから閉めなさいという全く理解不能な理由でまたしても連行されるボク。
 嫌々すぎてどんどん遅れるボクに、桃先輩の苦笑いの一言。
星「最後尾になるぞ?」
 星司のこの一言で先頭の蓮耶の背中にしがみついたのは当然だと思う!蓮耶がペンライト持ってたし!!

 ……そうこうするうちに、一人目の医者が。蓮耶を盾に医者から隠れようとするボク。
医「臓器をヨコセ…」
 あの!明らかにボクを見てるんだけど!!けど!!!
 早く通りすぎようと蓮耶を押しまくるボク。
 面白そうにお化け医者を覗きまくる星司と優斗。
 楽しそうにするんじゃないー!!うわぁぁん!!

 姿の見えない前のグループから漏れ聞こえる笑い声。
 ……なんて楽しそうな!ああいう人たちと一緒がいい……(ノ□T)

 そしてじっと座っている二人目の医者も蓮耶を盾にスルー……したら、なんか楽しげな優斗の声。
優「エル先輩エル先輩、ほら、なんかついてくるよ!お医者さんついてくるよ!わぁ、こわーい♪」
 アナウンスするなぁぁぁ!
 っていうか本当についてくるんだけど!!なんか明らかにボクがターゲットっぽいんだけど!!?
エ「早く、早く進んで蓮耶ぁぁぁ!」
 とか叫びたかったのに声が出なくて……必死に押した。
優「あ、帰っちゃった」
 た、すかった……
優「あ、また来たよ、ほらほらエル先輩!」
 ふふん、騙されないよっ。奴は持ち場に帰……(振り返り)
エ「…………!!!」
 誰だボクの後ろの警備を放棄した奴!!蓮耶を押し出す勢いだったのは優斗が悪い。全面的に悪いぃぃぃ!!!

 こ、こわかったよ…………

優「ほら、手振ってくれてるよ」

 ・ ・ ・ 知 ら ん ! !

優「わざわざ顔出して覘いてくれてるのに」

 だから知らんと!!(泣)


 そうこうしてるうちに、遠かったり近かったりしてた前のグループの笑い声がいよいよ近くに。
蓮「前のグループに追い付いたな、どうする?」
優「待てばいいんじゃね?」
 蓮耶と優斗の会話に断固として主張するボク。
エ「合流しよう!!」
 あんな楽しそうならきっと怖さ半減!
星「ないない」
 建設的な意見は星司に軽やかにスルーされたよこんちくしょう!!
 僅かな希望を持ってちょっと進んだボクの目には、前のグループのペンライトに照らされて、救急車に座っている三人目の医者の姿がががががが
優「見えちゃったな」
 だから残念そうにするなと!!
 でも敵の居場所がわかればこっちのもの!盾の蓮耶を間に挟んで医者と格闘…
エ「み、見た、こっち見たよ…!?」

 そんなボクの背後で突如開くカーテン。

エ「………いやあああああ!!」

 響いたのは前のグループの笑い声。
 ちょ、何か敵が増えてるんだけどー!
 何で、何で前のグループにまで脅かされないといけないの!!?…あうう~…(涙)

 …もう、顔はマフラーに隠して、蓮耶にしがみ付いて、入ったのはロッカールームっぽい部屋。
エ「ここ、ぜ、絶対なんか音する……(大きな音)……ッッ!!!」
優「なんか音に凄い敏感になってるのな」
 音がする度に飛び上がるのとか、仕方ないじゃん怖いんだよ!!!優斗も余計な音をたてるなぁぁぁ!
 …って、こんなテンションで書いてるけど。実際は硬直するか無言で逃げるかのどっちか、だったような気もする……あんまり記憶がない。。。
(真っ暗)
エ「明かり、明かりつけてーーー!!!!」
蓮「はっはっは」
 消すな馬鹿蓮耶ぁぁぁぁッ!!!
 …うう……敵だらけだよ…(憔悴)

 その他にも、何かあちこちから出てくる医者に怯えて、優斗に弄ばれて、へろへろになりなってたら……長い通路に出た。何か左右に扉とか色々あって、いかにも出てきそうな…

 案の定、出てきたんだけどね!!

エ「……!!」(早く行けと蓮耶に必死にジェスチャー)

 ……そうですよね、付いてくるのはデフォですよね、ボクを狙ってくるのもデフォですよねもういい加減に気付いてるさあでも逃げるんだってばぁぁぁぁ!!!
 蓮耶を引きずりつつ、その先の階段へ逃げ込む。ボクの中の僅かに理性的な部分が告げてるんだよ、階段はきっと持ち場と持ち場の隙間でドクターは追いかけてこない、って…!!
 もうその階段から動きたくない気分になりつつ、リタイア口が見つからなくて涙目になりながらついていくボク。

 カーテンや扉や曲がり角にびくびくしながら進んでいくと、テーブルのあるイスに座った医者が。

医「ペンライトを回収します」
エ「嫌ですむしろください(真顔)」

 あっさりと渡す蓮耶には失望した!!!

医「招待状です」
(※クリスマスパーティーの招待状を貰う、という設定)
エ「いらない!!」

 押し付けてくるな馬鹿ドクタァァァァァ!!!(泣)

 ペンライトすらなくなって、真っ暗の中を物凄く嫌々進む……物凄く嫌々進む…物凄く嫌々……嫌すぎる。その中で、クリスマスケーキの傍らに座る医者を発見。当たり前だけどケーキが偽物なことにちょっとしょんぼり。いや、毒が入ってるって言ってたもんね!確かに食べたら死にそうなケーキだったよ!!
 追いかけてこないと思ったら追いかけてきて幻滅した…!!キミはケーキだけ見張ってればいいのにー!!


 そっから先はほとんど覚えてない。

 霊安室の横にリタイア口があったのに邪魔された。

 明らかにクライマックスで、左手で蓮耶、右手で桃先輩をしっかり盾にして進んだ。

 霊安室には医者はいなかった。

 警戒は解かずに、壁に背を、前は盾蓮耶、横は桃先輩でがっちりガードして進んだ。

優「うわ、出た…っ」

 最後尾にいた優斗が初めてちょっと驚いた声を出した。

 右手の星司を思いっきり後方に引っ張って、左手の蓮耶を力一杯押して──

エ「何で止まるのぉぉぉ!!?」

 自覚してる。一言一句、全部濁点がついてた。必死だったんだよ…!!

 しっかりと踏ん張って動かない蓮耶。


 桃先輩を医者側に突き飛ばすように棄てて、楽しそうに笑ってる蓮耶も見捨てて、一人で逃げた目の前にゴールがあったから。


 出てきて暫く放心してたのは、これは、もう、仕方ないことだと思うよ…
 …覚えてるのは敵だらけだったことと、叫び声がだみ声になってたことと、最後に一人で逃げたことくらいで…もっと色々あったんだけどね…。変な汗で汗だくになってたよ…。
 レポでは叫びまくってるけど、実際は頭真っ白になってる時間の方が多くて……黙り込んで蓮耶の影に隠れてるか、硬直してるか、だったと思う。叫んでるのはだいたい内なる敵に対してだったよ。多分。辛うじて味方かもしれなかったのは桃先輩だけだった……だから、だから嫌だって言ったのにー!!!うう……。

 一週間しか経ってないのに、他の事はすごく覚えてるのに、迷宮だけどんどん記憶が薄れていってるのは自己防衛本能だと思う……南十字病院はもっと気持ち悪いんだよね、きっと……。


 …お願いします連れまわさないで下さい行くなら地下シェルターにしようね、ね、ね!



 支離滅裂ながら終了。
 ちなみに午後から雨は止んで、絶叫も制覇したとか。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © LUNISOLAR All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。