スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月16日

2008.10.19 *Sun
月・水はお弁当の日、正確には和食以外を作る日。
たつみにもらったレシピにはメニューがぎっしり。
参考にして作ったお弁当は美味しそうにできた。

ただ…美味しいかどうかは別問題。
美味しいといいなあ。
味見係先輩、月曜に久々の大惨事に合わせちゃったし。

気も漫ろだったのか、惨敗したバトルカーニバルの後──……
 銀誓館にはカップルが多い。運動会が終わって、また一段と目につくようになった気がするっ。
 いつもお弁当を食べてる中庭にも、カップルの姿が溢れてるよ…羨ましい。
「いーなー、みんな幸せそうで」
 星司にぼやく。星司も本命とイイ雰囲気だもんなぁ、このホストめ。
 …でも、食べてるのはボクのお弁当。律儀というか、なんというか。
「お前は最近どうなんだ?」
「んー、わかんない」
 わかんないってなぁ、って呆れられたけど…わかんない。
 もう恋愛はしないって、いつだったか決めたような気もするし!
 今は遊んでいることが楽しくて幸せだと思う、ような気もするし。
 臨と蓮耶とデバガメして、結社の仲間とお月見行って、依頼で巡り会った仲間とラーメン食べてカフェ行って、ダンテと踊って、琥先輩と虫の音を聞いて、星司とジャム作って、臨と遊園地行って、クラスメイトとハロウィンで遊んで。
 うん、充分楽しい。充実してる。
 っていうか、我ながら遊びすぎだよね、受験生っ!
「なんか、誰かの恋愛見てれば幸せな気がしてきた。成長したよね、ボクってば」
「…気紛れすぎるだろう…!」
「だって、愛するよりも愛されたい気分なんだもんー」
 充電が切れただけか、って苦笑しながら、慣れた手でボクの頭を撫でた。
 今、もしこのまま抱きついても、星司は何も言わない。それがボクだと認めてくれてるから。恋愛感情とは違う、って言ったら誰が信じてくれるかなぁ…信じてくれなくても事実なんだけどね。
 それを理解してもらうのが第一の関門ってのがまた…面d
「なんかさー、恋愛って疲れるんだもん。しばらくはいいかなって」
「エルはバイタリティ溢れてるイメージだけどな。熱でもあるのか?」
 冗談混じりで額に触れた手が、べしっと頭を叩いた。い、痛いっ!?
「熱あるぞ、エル」
 ──……へ?


 38.3℃
 風邪、ひきました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © LUNISOLAR All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。